東武デリバリー株式会社

沿革

1982(昭和57年) 7月 東武鉄道株式会社の主導により、東武デリバリー株式会社を設立登記する。
9月 東武千住配送センターが竣工し、運送事業、倉庫業の事業施設と開業準備が整う。
12月 東京陸運局・82東陸自2貨2第2179号により、(株)東武運輸東京から一般区域貨物自動車運送事業の免許を譲受し、営業開始する。
1983(昭和58年) 2月 関東海運局東京支局・第91号により、(株)東武運輸東京から倉庫業の営業許可を譲受し、営業を開始する。
1988(昭和63年) 4月 東武千住第二配送センターが竣工する。
関東運輸局・関東認第3582号により倉庫増設の認可を受ける。
通商産業省指定・(財)機械電子検査検定協会による「情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事業所」としての認定を受ける。
東京都公安委員会認定第1141号により、警備業の資格認定を受け、輸送警備業の営業を開始する。
1991(平成3年) 6月 関東運輸局・関東第57号により、東武千住第二配送センターがトランクルームとしての認定を受ける。
1992(平成4年) 3月 東武足立配送センターが竣工し、運送事業及び、倉庫業の事業拡大を図る。
5月 関東運輸局・東陸貨第864号により、一般貨物自動車運送事業の足立営業所を開設し、営業を開始する。
8月 関東運輸局・関東認第4322号により、足立倉庫が営業開始する。同時に関東第202号によりトランクルームとしての認定を受ける。
1997(平成9年) 3月 五反野倉庫が竣工し、倉庫業の事業拡大を図る。
4月 関東運輸局・関東認第5130号により倉庫増設の認可を受ける。
関東運輸局・関東認第370号によりトランクルームの認定を受ける。
1999(平成11年) 2月 神奈川東武デリバリー(株)と合併する。
3月 新越谷事業所が竣工し、保管業務の拡大を図る。
2001(平成13年) 10月 関東運輸局・東陸貨第1092号により板橋事業部を開設し、認可を受ける。
関東運輸局・埼陸輸第655号により春日部事業部を開設し、認可を受ける。
12月 下板橋クロゼットルームが開設し、保管業務の拡大を図る。
2004(平成16年) 11月 新船橋のクロゼットルームが開設し、保管業務の拡大を図る。
2005(平成17年) 2月 足利事業所に新倉庫が竣工し、倉庫業の業務拡大を図る。
2006(平成18年) 5月 倉庫事業部で(財)日本品質保証機構による「情報セキュリティマネジメントシステム」(ISMS)の認証を取得。
2007(平成19年) 6月 倉庫事業部で(財)日本品質保証機構による「情報セキュリティマネジメントシステム」の国際規格であるISO/IEC27001の認証を取得。
2009(平成21年) 1月 厚木事業所が全日本トラック協会より「安全性優良事業所」(Gマーク)の認定を受ける。
2012(平成24年) 1月 足利事業所が全日本トラック協会より「安全性優良事業所」(Gマーク)の認定を受ける。
2013(平成25年) 11月 厚木事業所に倉庫を増設し、保管業務の拡大を図る。
2014(平成26年) 1月 倉庫事業部が全日本トラック協会より「安全性優良事業所」(Gマーク)の認定を受ける。
3月 (一財)日本情報経済社会推進協会より「プライバシーマーク」の認証を取得する。
12月 警送本部・物流統括事業部が全日本トラック協会より「安全性優良事業所」(Gマーク)の認定を受ける。
2016(平成28年) 1月 五反野・新越谷・下板橋・新船橋のクロゼットルームの店舗名を「東武クローゼット トブクロ」に変更する。
2月 クローゼットルームの新業態店舗「東武クローゼット グラン クリュ 初台」を開業。
2017(平成29年) 7月 警備輸送事業を会社分割し新設会社に継承させた後、同新設会社の全株式を綜合警備保障株式会社に譲渡。
9月 埼玉県さいたま市浦和美園へ本社を移転。
東武クローゼットトブクロ下板橋が閉店。